ブレンドコーヒー販売

ブレンドコーヒーとは

喫茶店やコーヒー専門店に行くと、
メニュー表に「ブレンドコーヒー」と書かれていますね。

ブレンドコーヒーとは、コーヒーの味や香りのバランスを良くするために、
2種類以上の複数のコーヒー豆を混合させて抽出させたコーヒーのことを指します。

たとえば、1種類のみのコーヒー豆で淹れる場合に、
豆の種類によっては酸味や苦みが強いものもあります。

その分、他の種類のコーヒー豆とブレンドさせることによって、
気になる酸味や苦みを和らげることができます。

ブレンドコーヒーは、3~5種類のコーヒー豆を混合させるのが一般的で、おもに中炒り焙煎豆が使われています。

ブレンドコーヒーの魅力は、
それぞれのコーヒー豆の持ち味の良さが引き出され、
1種類のコーヒー豆によるストレートコーヒーよりも、
味や香りにコクとまろやかさが感じられることです。

ブレンドするコーヒー豆の種類により、味や香り、酸味やコクなどに違いが出てきます。

 

ブレンドコーヒーの好み

ブレンドコーヒーは、喫茶店やコーヒー専門店によって、さまざまな香りがあります。

酸味が少なくてコーヒー本来の香ばしさが感じられるテイストや、
ほんのりとした甘みが感じられるもの、
濃厚でコクがあるものなど、使用するコーヒー豆の種類によっても、違いが出てきます。

ブレンドコーヒーは、基本的にコーヒー豆であれば、
どのような種類のものを選んでブレンドして良いので、
自分好みにオリジナルのブレンドコーヒーを作ってみてはいかがでしょうか。

コーヒー通の人なら、いろんなコーヒー専門店に出かけて、堪能してみるのもいいでしょう。

ブレンドコーヒーは、単にコーヒー豆の組み合わせで味や香りが変わるだけではなく、
焙煎の方法によっても、味わいが変わってくることもあります。

コーヒー豆のブレンドには、生豆の段階で混ぜ合わせるプレミックス、
そしてそれぞれの豆を適温で焙煎した後にブレンドするタイプのアフターミックスと呼ばれるブレンド法があります。